So-net無料ブログ作成

MotoGPバレンシアGP決勝 [MotoGP 2006シーズン]

MotoGPのシーズン最終戦、バレンシアGPの決勝を
録画で先程観ました。

色々な意味で凄いレースでした。

泣いても笑っても、最終戦
前戦でのレプソル・ホンダコンビの転倒リタイヤで、ラ
ンキングトップに躍り出たヴァレンティーノ・ロッシがPP
(ポールポジション)を獲得、フロントローにDUCATIの
ベイリスとカピロッシが並び、その後にカワサキの中野、
ランキング2位に後退したヘイデン(チャンピオン獲得
には、ヴァレの前で(8ポイント以上差を付けて)ゴール
する必要が...)と「ヘイデンをサポート...」と公言してい
るペドロサが6番手...の順でグリッドについて、レースは
スタート。

ロッシがスタートの時に少しミスをして、一寸ウィリーし
ている間に、ベイリス、カピロッシ、ヘイデン、ペドロサが
前に行き、1周目にはDUCATI+ホンダのトップ集団に
付いていく感じで、ストーナーの後で、一寸予定が狂っ
た感じでした。

昨日の予選で、最後の方でクリアラップが取れずに、
グリッド上位を諦めて、コース上でスタート練習を何回
かやってた成果が出たのかも>ヘイデン

今回のコースが、GP開催コースの中ではコンパクトで、
予選では早く走れても抜くポイントが少ない事もあって、
そのままの形でレースは推移。
予選でも速かったWBKの今年のチャンピオンのトロイ・
ベイリスがレースをリード。

今までのロッシだったら、思い切りの良い突っ込み等で前
を行く相手を1台1台片づけて行くのですが、なかなか追
い抜けない焦りからか、5周目に、コーナーでリアからのスリ
ップダウンでまさかの転倒。
再スタートしたものの、最後尾の20番手に順位を落として
しまいます。
その後、転倒者が出たり、徐々に順位を回復するものの、
結局13位でチェッカー

トップグループの中で、今回スポット参戦のハンディ?をもの
ともせずに安定した速さで1回もトップを譲ることなく、ベイリス
が優勝。
2位には、ディスモセデッチGPデビュー当時からの僚友カピロ
ッシ(ランキングポイントでマルコ・メランドリを僅かに抜いて3位
)というDUCATIの1ー2フィニッシュで990cc時代の最後を飾
る事が出来ました。

ホンダ勢トップは、ヘイデンで今回のポイントを加算して、ロッシ
と5ポイント差で2006シリーズチャンピオンが決定。
4位に、MotoGPクラスのルーキー・オブ・ザイヤーのダニ・ペドロ
サ、以下マルコメ、エリアス
カワサキの中野は7位、玉田は12位

MotoGP公式HP
http://www.motogp.com/ja/motogp/motogp_news.htm?menu=news&news_id=18263&championship_id=3&section=2

いやはや、凄い展開でまさかのロッシの転倒、再スタート...スポッ
ト参戦で圧倒的にレースをリードしたベイリス(去年のもてぎで、ベ
イリスの12番のキャップを安く売っていたのを買っておけば良かっ
た...と、密かに後悔(ヲヒ))等、波乱に富んだ今シーズンを象徴す
るようなレースでした。
前戦コンマ数秒でエリアスに競り負けてヴァレの失った5ポイント(
1位25ポイント2位20ポイント)があれば、同じポイントでも優勝回
数の数で...とか、タラ・レバを言えばきりが無いですが、これもレース
で、きちんとコース上でヘイデンに祝福を送ったヴァレも別の意味で
勝者だったのかもしれません。

何回も書くけど、アメリカGPに続いて、嬉しいのは判るけどヘルメッ
ト脱いでコース回っちゃ駄目でしょうに>ヘイデン(笑)
250でも、チャンピオンを取ったロレンソが真似してたし(核爆)

250クラスは、PPからスタートした青山博一はトップ争いからトップに
躍り出て、ラスト7ラップで転倒リタイヤ...orz
弟の周平は、ルーキー・オブ・ザイヤーのライバルであるマルコ・シモ
ンセリの転倒で6位でゴールして獲得

http://www.motogp.com/ja/motogp/motogp_news.htm?menu=news&news_id=18256&championship_id=2&section=2

990cc時代は終わり、来年からは800ccとタイヤ本数制限(実質的
にはダンロップ救済?)とルールが変更になる2007年シーズンに向
けて、ストーブリーグで残りのシートを決め、各メーカー&ライダーは、
月曜日の居残りテストを含めて動いています。
来年が楽しみですね。


nice!(8)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 8

コメント 11

のらねこ

寝不足でウトウトしながらがんばって地上波で見ましたが、
ほんと、まさかの展開で目が覚めました。
まぁ、レースが終わるころにはまたウトウトしてた訳ですが…。
来年は800に。
たぶん、馬力やトップスピードはすぐに今のマシンに追い付くかと。
多少軽量になるのかな?
そうするとコーナースピードが上がるんで、
また違った展開が繰り広げられそうですね。
by のらねこ (2006-10-30 19:16) 

KEO

終っちゃいましたね。
確実に来年は今季より速いコーナー勝負のシーズンになるはず。
楽しみだなあ。
by KEO (2006-10-30 20:24) 

Montego-Blue

こんばんは。
波乱のレースでしたね。ロッシでもあのようなスリップダウンするんですね。
ドカの1,2!それにしても、Tベイリス速すぎます。
ワイルドカード参戦の最高峰クラスで勝っちゃうんですから。
HIROさんのストーブリーグ情報も楽しみにしています!
by Montego-Blue (2006-10-30 20:42) 

ジュニア

こんばんは、コメントありがとうございます。
来シーズンからのGPも、レギュレーションが大幅に変わって目が離せない感じですね。
by ジュニア (2006-10-30 21:47) 

なべ

ロッシの転倒はホント予想外でした。
WSBのファンとしてはベイリスが勝ったことが本当に嬉しい!
バーミュレンもRC211Vとかに乗ればもっと速いと思うんだけどなぁ(^^;
by なべ (2006-10-30 23:50) 

レースの事まったく知らないので、来シーズンは勉強して、話についていけたらと、考えております(*^_^*)
by (2006-10-31 00:05) 

ぼっこしだいく

HIROさん、こんばんは。
今年はまさに最後の最後までわからないシーズンでしたね。
みなさんもおっしゃるとおり、ロッシが自ら転倒するとは…
ロッシは転ばないって思っていたので、びっくりでした。
ドゥカティにとっては、1-2フィニッシュでうれしい結果になりましたね。
来年も楽しみですね♪
個人的には、ホンダの王子の優勝がみたいなぁ(^-^)
by ぼっこしだいく (2006-10-31 01:46) 

これ

久々に混戦のシーズンでしたね。
ニッキーのちゃんぴおんってなんか、私がチェックしていた限りの後半戦の雰囲気だとピンとこない部分もあるんですが、逆にそれが今年の面白さと混戦だったのでしょうねぇ

来年も楽しみです。
by これ (2006-10-31 01:57) 

DUCATIの1・2フィニッシュで閉幕タイトルこそ無いもののDUCATIにとってはいい感じで今年の締めが出来たのではないかと思います。800ccマシーンの印象も良い様なので来年に期待しています。
by (2006-10-31 02:34) 

ふなじゅん

HIRO さん こんにちは
終わっちゃいました。
正しく「終わっちゃった」と言う内容のシーズンでした。
シーズンを通して、新旧チャンピオン(N.ヘイデンvsV.ロッシ)の直接対決が全く見られない盛り上がりたくても盛り上がれないシーズンでした。
最終戦は今シーズンを象徴する様なレース展開・・・・・・。
V.ロッシが自爆して (T_T)、
N.ヘイデンが手堅く (-_-)、
Ducatiがスペインでは速い (^^)

来シーズンは排気量が800ccと小さくなって250cc上がりのライダーが有利とも言われてますが、どうなるんでしょうね? 楽しみです。
by ふなじゅん (2006-10-31 09:02) 

HIRO

皆さんnice!&コメントありがとうございます。
まとめレスで失礼します。

のらねこさん
最後まで何かが起きる...と思ってみてたんですけど(笑)
800も開発が進むと今より速くなりそうですね。

KEOさん
確かにコーナリング勝負になりそうです。
待ち遠しいですね。

Montego-Blueさん
ロッシは、固めのコンパウンド?で後半勝負を密かに狙って居たのかもしれません。
まぁ、目の前が”いつ転ぶか判らない”ストーナーとかホンダ軍団が居たのが焦りに繋がったみたいで(笑)

ジュニアさん
レギュレーションが変わると、又戦い方も変わって来ますから楽しみです。

なべさん
ベイリスは、WSBで自信を取り戻して居たんだと思います。
その上、マシンやタイヤの進歩が...
それでも、「(GPのシートは)後進に譲る...」という発言も潔いというか...伝説になりましたね。

月光14thさん
無理せず楽しんでいけば良いと思います。

ソシガヤンヤンさん
確かにハイサイドとかの対処は天才的ですから転ばない印象がありますが...
最後の最後でDUCATIの1-2を見れるとは望外の喜びです(笑)
ホンダの王子...未だ印象がライムグリーンから抜けられません

これさん
確かに優勝こそ少ないものの、安定して表彰台に乗っていた結果なんでしょうね。

B'SPACEさん
DUCATIの1-2は良い形で990cc時代を終えられたと思います。
800の開発も進んで居るようですので、楽しみです。

ふなじゅんさん
確かに直接対決が無かったですね>それが幸いしたか>ヘイデン
来期はコーナリング勝負になって行きそうですが、どうなりますやら
by HIRO (2006-11-09 12:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0